[重賞回顧]2017年・スプリンターズS

秋競馬、G1開幕戦! 秋の短距離王はどの馬?

いよいよ秋のG1シーズンが到来。
その皮切りとなるのが、短距離王を決める一戦、スプリンターズSだ。
今年は戦前に「群雄割拠」「どの馬が勝ってもおかしくはない」という声が多く聞こえた。

その一因となったのが、実績馬たちの調整に対する不安視だ。

安田記念以来のレッドファルクス、函館スプリント以来のセイウンコウセイ、昨年香港スプリント以来のビッグアーサーをはじめ、G1馬実績馬たちはそろって休養明け。
かといって、前哨戦で好走したメンバーたちも乗り替わりや連戦明けなど、判断が難しい要素が多く、ファンとしては判断が難しいメンバー構成となった。

「一体どの馬が勝つのだろう?」
そうしたファンの思いを反映するように、圧倒的人気馬は不在。
人気は割れて、9番人気のダンスディレクターでも単勝オッズ16.6倍と混戦模様を極めた。

混戦を制し、秋のスプリント王となるのは、一体どの馬か?

軽やかに逃げるワンスインナムーン! レッドファルクス・メラグラーナは後ろから。

スタートはそれなりに揃ったものの、すぐに横山典騎手がシュウジを抑えて最後方へ。近走スランプが続いていたシュウジ陣営の『目前の競馬をやめて新味を試そう』という判断か。
また『1000m戦のスペシャリスト』ラインミーティアは好スタートをきったものの、少し不自然な形で後方に。こちらは、どうやらトモを滑らせてしまった模様。

逆に内枠からスッと前に躍り出ようとしたのが、先日復帰したばかりの三浦騎手が騎乗するフィドゥーシア。このまま隊列が決まると思いきや、その外側から先行争いを制してハナをきったのは、4歳牝馬ワンスインナムーンだった。ワンスインナムーンのスピードを見て、三浦騎手は無理に競りかけない判断をしたのだろう。

その瞬間をついて、ダイアナヘイローと武豊騎手が2番手を確保、結局フィドゥーシアは3番手に落ち着き、ようやく隊列が決まる。

香港からの挑戦者・ブリザードはスタート後にすこしうるさい様子を見せて一時後方に下がっていたものの、体勢を立て直して中団→先行集団と、ポジションをあげていく。

そうしているうちに、スプリント王決定戦らしく気がつけば3コーナーへ。
レース中、目を見張るポジション争いが終始繰り広げられる心理戦。
全ての馬と騎手が、短距離戦の頂点に向けて駆け引きを続ける。

1番人気レッドファルクスは中団後方をキープ。
レッツゴードンキがその少し前を軽快に走る。
中団前目では早くもポジションをあげていく馬もいるものの、ペースはそれなり。
レッドファルクス・メラグラーナといった人気馬は後方にいるが、ポジション的には少し厳しい状況だろうか。

──そして、最終コーナー。

ワンスインナムーンは先頭を譲らず、まだ余裕さえありそうな走り。抜群のコーナリングで、さらに後続を突き放しにかかる。負けじと内から鋭い伸び脚を見せるのはレッツゴードンキ。一気にポジションを上げてワンスインナムーンを射程にとらえるか。

粘るワンスインナムーン。
追うレッツゴードンキ。

ワンスインナムーンの脚が鈍らない。
高松宮記念16着のワンスインナムーンが、秋に笑うのか。

フィドゥーシアが一杯になり、ずるずると後退。レッツゴードンキの脚色も少し落ち着く──かに思えたその瞬間、ぐいっともう一伸びを見せる。一気に、先頭へ。

しかし後方から、2頭の白い馬体が力強く駆け上がってくる。

内が大ベテラン・スノードラゴン。外からは前年覇者・レッドファルクス。
今度は追われる身となり、粘りこみを図るレッツゴードンキ。

しかし、レッドファルクスがぐいぐいと他とは違う伸び脚を最後まで使い、クビだけ差し切ったところでゴールイン。

レッドファルクスが、後方から見事連覇を達成した。

各馬短評

1着・1番人気 レッドファルクス

スプリンターズSがG1に昇格したのが1990年。
その歴史において連覇を達成したのは、過去にサクラバクシンオー・ロードカナロアの2頭だけ。

今回の勝利で、レッドファルクスがその2頭に肩を並べることになった。
歴史的スプリント王者への一気に名乗りをあげる走りだ。

2着・5番人気 レッツゴードンキ

内枠をいかした好騎乗が光った。
コーナリングも素晴らしく、さあらにはゴール前にワンスインナムーンをかわした粘りは地力の高さによるところだろう。

桜花賞を含むほとんどの出走レースでコンビを組んできた岩田騎手とも相性が良さそう。
ここまで長年頑張ってきたのだ。これは文句なしで「名コンビ」と呼んでいいのではないだろうか。

会心の騎乗だっただけに、外からのレッドファルクス強襲は悔しかったことだろう。

3着・7番人気 ワンスインナムーン

このレースの流れを作り、見せ場十分の3着。
特にスタート直後からのスピード感は素晴らしかった。

直線、そしてゴール前は、抜かれる前の粘りも勿論素晴らしかったが、さらには抜かれてからの粘りも素晴らしいものだった。最後まで気力を失わない走りは、なかなかやれるものではない。価値ある3着といえる。

最終直線でよく粘れたのは、鞍上・石橋脩騎手の緻密なペース配分の賜物でもあるだろう。今後もこのコンビでこうしたレース展開に持ち込めるならば、かなり面白い存在になりそうだ。

石橋脩騎手の開花も、間近だろう。

総評

群雄割拠・主役不在という声も多かったスプリンターズSではあったものの、終わってみると実績馬レッドファルクスが実力を見せての勝利。

あのペースであの位置取りでは、相当な力がないと差しきれないのは明白で、国内スプリント戦線では王者と呼んでいいだろう。それだけに昨年調整がうまくいかなかった香港遠征での惨敗は勿体無い。ベストな状態で見たかったというのがファンの本音だろう。

レッドファルクスの今後は、地方・海外含めて幅広い選択肢が用意されている。
昨年の夏から秋にかけてCBC賞→スプリンターズSと勝利したことで「芝1200m」が主戦場というイメージがあるが、それだけの馬ではない。ダートではオープン競走の欅Sを勝利しているし、今年の安田記念でイスラボニータらに先着して3着に食い込んだことも記憶に新しい。

いとこには菊花賞・ステイヤーズSで2着のフローテーション、マーチS勝ち馬サイレントメロディたちもいる血統ということを考えると、スプリント戦線を飛び出した活躍を見せてもまったく不思議ではない。おばにスティンガーがいる非常に由緒正しい良血馬であることからも、種牡馬価値を高めるための新しい挑戦が見られるかもしれない。

JBCスプリント、マイルチャンピオンシップ、香港遠征、アメリカ遠征、そして今年敗北した高松宮記念……スプリント王者の次なる走りを楽しみに待ちたい。6歳馬だが、他の路線でもさらにもうひと花咲かせてはくれないものだろうか。意欲的な挑戦に期待したい。

実績馬、といえばスノードラゴン(4着)の走りも光った。
猛然と駆け上がる姿は、9歳馬とは思えぬ力強さ。コーナーがもう少しだけスムーズにいけば……と思わせるあたり、驚異の大ベテランだ。G1馬ながらも単勝オッズが最低人気という悔しさを、しっかりと晴らす走り。

また、5着に食い込んだブリザードにも注目したい。前半は気性の問題でブレーキがかかって思うようなポジションをとれず、最終直線でも若干の迷いがあったように見受けられる。そんなチグハグな競馬をしながらの掲示板確保は、さすがスプリント大国・香港からの挑戦者といったところ。
恐るべし香港短距離界。今後も香港からの刺客には要注意だ。

一方、2番人気メラグラーナは7着と、3番人気で10着だった高松宮記念に続いて人気を裏切るかたちになった。ただし着差は0.3秒と、悲観するほどではない。結果論だが、このペースとなると、どうしても位置取りが後ろ過ぎたということだろう。春ほどはG1に高い壁を感じない走り。トンネルを抜けるのも近い。

サマースプリント組は1位のラインミーティアをはじめ、2位のファインニードル・4位のジューヌエコールとダイアナヘイローと、どの馬も苦戦をしていた。前哨戦を使わない実績馬たちと明暗の分かれる結果となった。

また、新しい競馬を試したシュウジは、ある意味収穫の大きなレースだっただろう。まだ4歳。横山典騎手とこれからゆっくりと信頼を深めていって、復活を遂げることを期待したい。ダートでもやれるだろうし、こうして新しい一面を探っていくことは間違いなくプラスだ。

あなたにおすすめの記事