大人気RPG「ドラゴンクエスト」。
競馬界にも、ドラゴンクエストを感じさせてくれるサラブレッドがたくさん!
今日はそんな「ドラクエ馬」を特集してみました!(ちなみにディラクエという競走馬もいましたよ!)

モンスター系、呪文系、アイテム系、そしてキャラクター系……様々なドラクエ馬たちをお楽しみください。


モンスター系

コーリンスライム

ドラクエといえばスライム!
「降臨スライム」とも読むことができる彼は、2014年うまれ。
ドラクエ随一の穏やかモンスターであるスライムとは違ってかなり気性は荒いようです。

2017年7月時点では2戦して17着・12着ですが、これから成長してキングスライムのようになれるのでしょうか?

キラーパンサー

ドラクエの人気モンスターの一角、キラーパンサーも競馬界には棲息していました!

2005年にうまれ、2007年~2009年の3年間で15戦をこなした頑張り屋さん。
惜しくも白星獲得はならずでしたが、障害レースなどにも果敢に出走してキラーパンサーらしさを披露していました。

ミミック

ドラクエの嫌われキャラ、ミミックも見つけました!
ただし由来は「パントマイムの原型」。ミミックの元々の意味のようですね。

名手・横山典騎手ともコンビを組んでいた1頭です。

ギガンテス

多くの人が手こずるモンスター、ギガンテス。
こちらの由来もドラクエとは関係なく、「ギリシャ神話の巨人」。

ただ、いとこにはドラクエの大技ギガデインが名づけられた馬もいて、なんともあの強敵のシルエットがうかんできてしまいます。


他にも、グリズリーやケルベロス等の王道どころや、アイアンゴーレムやアグネスキメラといった名前も見つかりましたが……ドラクエ馬というよりはRPG馬といったところでしょうか?

また、ドラクエ初代ボスの「りゅうおう」の名前も!
モズリュウオウ・ローレルリュウオウの2頭ですが、どちらも由来は将棋のタイトルのようですね。
中ボスからはピサロナイトも見つかりました。こちらは重賞にも参戦した活躍馬だったようです。

呪文系

ドラクエを彩る個性的な呪文たち。

上述したギガデインだけでなく、呪文系競走馬は豊富にいます。
こちらは写真でお楽しみいただきましょう。

メラゾーマ

イオナズン

メガンテ

ベギラマ

バシルーラ

ヒャダルコ

マホトーン

ラリホーマ

ベホマズン

アイテム系

テンクウノツルギ

ドラクエ「天空シリーズ」でおなじみ、伝説のアイテムも競馬場を駆け抜けていました!

しかもこの馬の父はサクラトウコウ(桜+刀工とも読めますね!)です。

オリハルコン

ドラクエ3ではとある重要なカギを握っているアイテム、オリハルコン。

このアイテムを入手できる場所も馬にまつわる場所なのですが……ネタバレになるのでやめておきますね。

重賞馬の母やG1馬の兄を持ちながらも2勝に留まってしまった馬でしたが、弟のシルバーステートたちがそのポテンシャルを発揮してくれそうです。

オーブ

よくドラクエに登場するキーアイテム、オーブ。

調べてみると宝珠という意味の英語らしいですね。
日本の競馬界ではなく、アメリカにオーブがいました。

ケンタッキーダービーなどを勝った、その世代を代表する名馬です。

キャラクター系

やはり人名のため、関係する名前がついた馬が多くいました!
いつか彼らでパーティーを組んで欲しいものです。世界のひとつやふたつは救えるはず!?

ビアンカ

名門ノーザンファームうまれの彼女は地方で2勝をあげて引退しています。
遠い親戚には名馬シーキングザパールなどがいる良血馬です。

他の「花嫁候補」関連ではアグネスフローラ、デボラといった馬も見つかります。

ちなみにそのアグネスフローラは桜花賞馬。母のアグネスレディー(オークス)、子のアグネスタキオン(皐月賞・ダービー)で、親子三代でのクラシック制覇を成し遂げた名牝です。

メジロライアン

宝塚記念などを勝利した平成初期を代表する名馬、メジロライアンも考え方によってはドラクエ馬でしょうか。

ピンクの防具と相棒のホイミスライム・ホイミンが特徴の戦士ライアンの名前が入っていますが……実際のメジロライアンの由来はもちろん別ですね。

他にもメジロ馬にはドラクエ3主人公の父オルテガの名前が入ったメジロオルテガもいます。

ドラゴンテリー

ドラクエ屈指の人気キャラ、テリーも競馬界に見参。
先頭についている「ドラゴン」もテリーらしくて、かなりドラクエを感じさせる馬名に。

ドラクエ6関連だと、他にもテリーの姉ミレーユやバーバラ、ベビーハッサンも競走馬になっています。
ベビーハッサンだけは「あのムキムキなハッサンがベビー……?」と、ちょっとイメージが違いますが……。

このなかで一番活躍したのはバーバラで、なんとJRAのレースで4連勝しています。重賞でも2度3着に食い込んでいました。
その他、有名な「ロト」がついた名前を探したところ、なんと50頭も発見。
そのなかにはロトジャスティス・ロトフォーエバーといったドラクエらしい名前からロトスキャンダルといった名前まで。
ぱふぱふ屋にでも行ったのでしょうか……「どうだ ぼうず。わしの ぱふぱふは いいだろう。」という名言が浮かんできます。


振り返ると多くの名馬がドラクエに関連した名前を命名されていました。

ロングセラー、ドラゴンクエストシリーズはこれからも多くの名前を提供してくれるのではないでしょうか。

これからもたくさんの名作(?)を期待したいですね!

写真:ウマフリ写真班

あなたにおすすめの記事