枝林 応一
競馬ファンとなって初めてファンとなった馬がステイゴールドでした。二十歳のころでした。 四十を過ぎてもステイゴールドが大好きです。彼の仔を、彼の孫を、Twitter上でみんなとただただ応援し続けられることに感謝する日々です。ペンネームはエタリオウより。
枝林 応一の記事一覧
2015年、ゴールドシップ引退の有馬記念。ウインズでも驚きの地響きが始まった、白き名馬の"捲り"を振り返る
たくさんの夢を、満帆に受けて - 2012年菊花賞・ゴールドシップ
グランシルク~中山マイルの神話~
鮮やかで密やかな、もう一つの「ワープ」~2013年ラジオNIKKEI賞・ケイアイチョウサン~
「黄金旅程 第二章」、ここに始まる~2006年マーメイドステークス・ソリッドプラチナム~
檜になった黄金の"あすなろ"。オルフェーヴル初年度産駒の皐月賞馬、エポカドーロ。
ステイフーリッシュ - 競走中止を乗り越え、世界の舞台へ。ステイゴールド晩年の代表産駒として、常識を超え続けた国際派。
あの日のふるえを、わすれない~ユーバーレーベン~
[2019年・中山記念]ウインブライトによる連覇、そこから巣立った名馬たちの軌跡を振り返る。
「最後」の舞台、授けられた翼 - 2007年中日新聞杯・サンライズマックス