「さよならは言わない」。真夏の思い出に残る快速牝馬、サンアディユ 。

新潟競馬夏の開幕を飾る重賞、そして今や夏競馬の風物詩となった重賞「アイビスサマーダッシュ」。
新潟競馬場改修後に作られた1000m直線コースを駆け抜ける、年に1度のG3競走です。

21世紀に入ってから創設された比較的新しい重賞競走ながらも、現在では「夏競馬と言えば」という代名詞的なレースとしてあげられるほど。そしてこのコースでこそ輝く馬が現れるのも、アイビスサマーダッシュの特徴でしょう。

このレースを2007年に勝利し、この歳のスプリンターズステークス2着まで駆け抜けた競走馬、サンアディユ。
彼女もまた、真夏の新潟から芝スプリント路線で輝きを見せた競走馬です。

サンアディユに関しては「さよならは言わないで」という馬名由来と悲しい最期が語られることが多いですが、2007年のアイビスサマーダッシュ・セントウルステークスを勝利して、スプリンターズステークスも逃げるアストンマーチャンを追い詰めての2着、そして京阪杯勝利と、2007年の夏から秋の活躍も素晴らしい牝馬でした。

3歳デビューから5歳春までダート路線を一歩ずつ

サンアディユは父フレンチデピュティ、母シェリーザの牝馬。1歳下の半妹ノンキの産駒には、ビックリシタナモー(名前の通りの驚く末脚でダート戦線で走った後に乗馬へ)やウナギノボリらがいます。

オーナーは「サンライズ」の冠名で知られる松岡隆雄さん。G1馬サンライズバッカス、サンライズノヴァを筆頭に重賞級の競走馬を所有してきたオーナーです。

サンアディユのデビュー戦は2005年4月17日、ディープインパクトが皐月賞を制覇して「まず一冠」を手にしたその日でした。
競走馬としては遅めのデビューでしたが、ダート1400mの未勝利戦で既走馬相手にも4番人気に支持され、人気通り4着でデビュー戦を終えます。

続く未勝利戦では2番人気に支持されるも中団から伸びきれず10着に敗れますが、4か月の休養を挟んで9月の未勝利戦を逃げ切って初勝利。以降ダート戦では逃げを基本的な戦術としてレースに挑み続けます。

10月の500万下クラスでは逃げを打てずに敗れますが、再び休養を挟んで4歳春の500万下クラスで逃げ切ると、続く1000万下クラスでも逃げの競馬で2着に好走。続く1000万下クラスの御嶽特別ではこれまで挑んできた1400m戦からの距離延長に挑戦したものの、ここでは逃げ切れずに16着に大敗してしまいます。結局、中距離戦への出走はこのレース限りでした。

2006年の夏に500万下クラスに降級してから、秋にかけて500万→1000万→1600万クラスと3連勝でオープン入りを果たすも、2007年年明けのG3ガーネットステークスでは最下位、同じコースのオープン戦京葉ステークスでも12着と大敗。オープンクラスではスピードの差でハナに立つことが出来なくなってしまい、ここで引退することも検討されたそうです。
たしかに、既にダート戦で12戦5勝2着1回という成績なので、仮にこの時点で繁殖入りしても十分と言えるでしょう。

──しかし、芝ダート兼用の名種牡馬フレンチデピュティの産駒であるサンアディユ。2007年、5歳夏シーズンを芝短距離路線へのチャレンジャーとして迎えることになります。そしてこの選択こそがサンアディユの激動のドラマの幕開けでした。

アイビスサマーダッシュからスプリンターズステークスへの挑戦

2007年夏シーズンの初戦、彼女は重馬場の芝を踏みしめてスタート地点へと向かいます。
アイビスサマーダッシュ史上初のフルゲートの一戦。7枠13番から出走したサンアディユは先行馬たちを前に置いて、ちょうど中段あたりの位置でレースを進めました。

前日からの雨の影響か、蹴り込みで芝がめくれる馬場で先行馬の脚色が鈍り、2006年の勝ち馬サチノスイーティーが伸びあぐねます。大外枠のアイルラヴァゲイン、斤量51キロを活かして外目に進路を取っていたクーベルチュールらが前にいましたが、サンアディユは村田騎手に導かれて馬場の真ん中あたりへ。

まさに「勝ち筋」のように空いた進路を上り最速の32.9秒を叩き出して一気に抜け出したサンアディユ。アイルラヴァゲインの後ろから抜け出してきたナカヤマパラダイスの追撃も振り切って1着でゴールを果たします。
新潟出身、この後に1000m直線コースの名手と呼ばれる村田一誠騎手(現調教師)の手腕が光ると共に、ここまでダートを走っていたパワーも存分に活かしたレースで、芝初挑戦・初勝利を重賞の舞台で達成したのでした。

人気薄での勝利だったこともあり、次走の北九州記念では5番人気にとどまり、結果も7着まで。
続くセントウルステークスで川田騎手に乗り替わると、アイビスサマーダッシュで前にいたアイルラヴァゲインの真横にポジションを取って2番手からレースを進めます。
後方には昨年の高松宮記念を制したオレハマッテルゼや、この後円熟味を増してスプリンターズステークス連覇を果たすキンシャサノキセキらが構えていましたが、直線を向いて抜け出すと後方から差してきたカノヤザクラに5馬身差をつけて圧勝。重賞2勝目と同時に、2007年のサマースプリントチャンピオンになりました。

そして迎えたスプリンターズステークスでは、ここまでの重賞2勝の勢いで1番人気に支持されます。

レースでは後続を3~4馬身引き離す逃げを打ったアストンマーチャンを追いかける競馬になりましたが、4コーナーを過ぎても逃げるアストンマーチャンのエンジンは止まりません。
前走同様に内にいたアイルラヴァゲインを差し切った位置がゴールで、アストンマーチャンは逃げた勢いそのままに、サンアディユの追撃も3/4馬身及びませんでした。

G1レースのその後、突然の別れ…。

そして京阪杯では牡馬も混じって57キロの斤量を背負いますが、武豊騎手に導かれ盤石の先行競馬で勝利。
芝スプリント路線に活路を見出した2007年夏~秋にかけて5戦走って3勝2着1回という素晴らしい成績でした。

そして2008年のオーシャンステークスでいわゆる「サンアディユ事件」があり、その翌日に彼女はレースから帰ってきた栗東の馬房内で心不全のため急死してしまいます。ここではサンアディユの最後について、あえて多くは語りません。

最終成績18戦8勝2着2回、素晴らしい成績でサンアディユは競走馬生を終えました。

アストンマーチャンもサンアディユの死後間もなくX大腸炎により急逝。あの夏スプリントチャンピオンを競い合った2頭がその翌年の春に共に亡くなってしまうなんて、誰も想像だにしなかったことでしょう。

「さよならを言わない」まま競馬ファンに別れを告げたサンアディユは、その悲劇的な最後が語られることの多い馬です。
しかし、もしオーシャンステークスを無事に走れていたら…そう思わせてくれるのは、サンアディユが2007年の夏を力強く駆け抜けたからにほかならないでしょう。

どうか皆さまも、夏が来たら、サンアディユのことを思い出してあげてください。
そして、強かったその勇姿こそ、語って欲しいのです。サンアディユ、私は君にさよならは言いたくありません。
これからも夏が来るたびに、思い出を語るファンがいる限り、思い出の中にあなたは生きています。

写真:Horse Memorys

あなたにおすすめの記事
「次の夢が始まる」。2017年春を彩ったファンディーナ、まもなく産駒デビューです 。

生涯成績7戦3勝―この数字だけ見ると戦歴の少ない競走馬ですが、この3勝に夢を見て、また次の夢を見たいと思わせてくれた1頭の牝馬がいます。

彼女の名はファンディーナ。タイ語で「良い夢を」と名付けられたこの馬は競馬を見始めたころの私に、そして所属するターファイトクラブの会員や多くの競馬ファンに夢を見せてくれた競走馬でした。

無傷の3連勝で果敢にも皐月賞に「1番人気で」挑んだ勇姿を見て、私の競馬愛に火を灯してくれた馬、ファンディーナの競走馬生と、現在2頭いる「次の夢」である産駒たちの情報を紹介します。

3歳年明け~芽吹いた種は春に花を咲かせました~

ファンディーナの父はその名は誰もが知る名馬ディープインパクト。母ドリームオブジェニーの2番仔として産まれます。3代母Coup de Genieが名馬マキャベリアンの全妹という良血の持ち主です。

1歳上の半兄ナムラシングン(父ヴィクトワールピサ)はJRAでのデビューから大井→門別→高知→佐賀→金沢と地方競馬を駆け抜け、54戦16勝。直近では今年7月に出走して4着、現在も現役で頑張っています。
半弟グランソード(父ハーツクライ)も4歳から障害戦に挑戦すると、昨年夏に主戦の難波騎手とのコンビで障害オープン戦を勝利、レース後に骨折してしまいましたが、現在も復帰に向けて療養中です。

元気に走れば地力の強さがある血統な反面、体質の弱さに泣く産駒も多く、2016年産駒クードメイトル(父ヴィクトワールピサ)が2勝したのを最後に、その弟レヴトゥギャルソン(父ハーツクライ)、レアリサンド(父ディープインパクト)は未勝利引退、現3歳のキングレリック(父キングカメハメハ)も現時点で未出走。
現2歳のコンクイスタ(父ロードカナロア)こそは元気に出走を、と期待されています。

ファンディーナに話を戻しますと、彼女のデビューも3歳1月の京都競馬場芝1800m新馬戦と遅めの出走になりました。
この時点で516キロ、牝馬としては大きな馬格のファンディーナは、ゲートを出ると難なくハナに立って鞍上の岩田康誠騎手と共にペースを刻みます。
新馬戦らしく最初の1000mは63.4秒のスローペースでしたが、京都の坂を定石通りゆっくり上ったファンディーナに迫る後続各馬を坂の下りで一気に加速して引き離します。残り600mでは先行馬に並ばれていたはずのファンディーナが直線に向くと1馬身、2馬身、3馬身…と後続を引き離し、残り200mを過ぎたころには岩田騎手の手綱は「持ったまま」。後続を9馬身引し、難なく新馬戦を勝利してしまったのです。

続くレースは新馬戦と同じコースで行われた3歳500万下のつばき賞、ここでは岩田騎手がフェブラリーステークスでエイシンバッケンの騎乗があったため、川田騎手が代打を務めます。
スタートが速かった大外枠のタガノアスワドを行かせて、3番手で控える競馬でレースを進めます。
9頭立ての7番枠からのスタートで内から迫ってくる馬もいましたが折り合いは崩れず、前走同様に坂の出口から仕掛けてゴールを目指します。
逃げていたタガノアスワドが前半1000mを64秒の超スローペースで走っていて、残り100m付近まで粘っていましたが、川田騎手が押せば押すほどにストライドを伸ばしたファンディーナは1馬身3/4差をつけて2連勝。

再びレース間隔を1か月空けてG3フラワーカップへ参戦。引き続き1800mですが今度は中山の1周コースです。
ここまで中1か月の間隔を守っての出走だったので、桜花賞トライアルのチューリップ賞、フィリーズレビューなどには間に合いませんでしたが、2連勝が評価されて単勝1.3倍の1番人気に支持されます。
鞍上には岩田騎手が戻り、以降引退まで主戦騎手としてファンディーナに跨りました。
フラワーカップでは勝負服と同じピンクの帽子のファンディーナ、絶好のスタートを決めると難なくハナに立ちますが、1コーナーの入り口から向こう正面にかけて岩田騎手が抑えて2番手でレースを進めます。
逃げていたドロウアカードの刻んだ1000m通過タイムは61秒、重賞ですがやはりスローペースを追いかける展開になりました。
3コーナーまでは脚を溜めていたファンディーナ、4コーナーで岩田騎手にゴーサインを出されると直線に向くまでの僅か数完歩で馬群から抜け出し、後続を5馬身ちぎってゴールを駆け抜けました。抜け出した後の岩田騎手は「持ったまま」。重賞での5馬身差もさることながら一気に抜け出す脚はまさにディープインパクト産駒らしい走りで、勝ちタイム1分48秒7はフラワーカップのレースレコードでした。

そしてこの勝利から5日後の3月25日、陣営から驚きの発表を聞くことになります。
「オーナーサイドから要望があって皐月賞に向かうことになりました。きっちりといけるようにしたいです。」
中3週で再度の輸送競馬、追加登録料を払って、ファンディーナは中山競馬場での大一番に駒を進めました。

1番人気の皐月賞~超豪華メンバーへの挑戦~

2017年皐月賞。ファンディーナはなんと単勝2.4倍の1番人気に支持されます。
2番人気は共同通信杯を勝ったハーツクライ産駒スワーヴリチャード、3番人気はトライアルの弥生賞を捲りきったディープインパクト産駒カデナ、4番人気はアーリントンカップを勝利し、2歳時には後のオークス馬ソウルスターリングと差の無い競馬をしていたハービンジャー産駒ペルシアンナイト、そして5番人気にホープフルステークスから直行で挑むキングカメハメハ産駒レイデオロが続きました。

大一番でもスタートを決めたファンディーナ、1コーナーで前に行きたい馬を行かせてインコースで折り合う走りはフラワーカップをなぞるよう。
しかし逃げていたアダムバローズが1000mを通過したタイムは59秒。さすがにG1らしくこれまでに経験の無いレースを強いられます。また、ファンディーナの真後ろが空いていたこともあり、残り800m付近からインを突いてペルシアンナイトとカデナが先行集団に迫ってくる激しい攻防が繰り広げられます。

ファンディーナはこれまで通りコーナーで前にいた馬たちを交わして一瞬先頭に立ちますが、外を回ってしまった分内の進路を空けてしまい、終始イン突きに徹したペルシアンナイト、向こう正面ではファンディーナの外にいたアルアイン、そしてファンディーナを外から差したダンビュライトに交わされてしまい、7着でレースを終えました。敗れたとはいえ、直線で一度は先頭に立った姿は見せ場十分の走りでした。

2017年皐月賞出走馬のレース後の活躍ぶりは素晴らしく、能力の高さを皐月賞の着順で紹介します。
・アルアイン:皐月賞の後勝てない競馬が続くも、5歳大阪杯で復活勝利。全弟はシャフリヤール。
・ペルシアンナイト:3歳秋にマイル路線に移るとマイルチャンピオンシップ制覇、現在は誘導馬に。
・ダンビュライト:激しい気性が課題になるも、2018年AJCC、2019年京都記念を勝利。
・クリンチャー:クラシック皆勤→凱旋門賞挑戦→ダート路線とどこでも走り重賞5勝。現役続行中。
・レイデオロ:日本ダービー制覇、2017年ジャパンカップ2着、2018年天皇賞秋1着、有馬記念2着。
・スワーヴリチャード:日本ダービー2着の後、2018年大阪杯、2019年ジャパンカップ制覇。
・ウインブライト:松岡騎手との名コンビで香港QE2世カップ、香港カップ勝利、「中山の鬼」。
・カデナ:キレのある末脚は健在で2020年小倉大賞典を勝ち、次走小倉記念で重賞3勝目を狙う。
・トラスト:障害戦で才能開花、障害オープンで3勝しJG1を目指すも脚部不安で引退、誘導馬に。
・マイスタイル:ローカル巧者で2019年函館記念を勝利、2022年シルクロードステークスにて引退。

上記の牡馬たちの中でもクリンチャーとカデナは現役続行中、マイスタイルも最近まで現役で走っていました。
活躍が3歳時だけで終わらず、古馬になってからも重賞やG1の舞台で走る馬たちが多かったのが2017年クラシック世代の特徴ではないでしょうか。
ここに取り上げなかったサトノアレスも復活が期待された2019年京王杯スプリングカップの競走除外が悔やまれますし、どの馬も特集記事が書けるレベルの名馬たちです。この中で1番人気を背負い、レイデオロやスワーヴリチャードと僅差でゴールを駆け抜けたファンディーナも「負けて強し」と今なら言えます。

ファンディーナは順調なら日本ダービーへ、とローテーションが発表されていましたが、皐月賞の激走の疲れがあったのか、一度はオークス参戦プランが挙がるも休養に入ります。

3歳秋から引退まで~唯春の夜の夢のごとし~

3歳秋は秋華賞を目指してトライアルのローズステークスで復帰戦を迎えたファンディーナ。
しかし、夏を越したファンディーナは皐月賞以来の競馬とはいえ+22キロでの出走と、傍目に見ても万全と言えるコンディションではありませんでした。

引退後~ターファイトクラブで2頭の産駒が走ります~

ファンディーナは引退後、生まれ故郷の谷川牧場に帰り繁殖牝馬になることが出来ました。
衝撃と夢を私たちに与えてくれた2017年から早5年の月日が経ち、この夏、初仔のエルチェリーナがデビューを迎える予定です(現時点では8月27日の新潟新馬戦を予定)。

また、2番仔のロードカナロア産駒の牡馬もこの夏ターファイトクラブの1歳馬追加募集に名を連ねています。
エルチェリーナは当歳馬募集時に抽選で即日満口でしたので、弟君も多くの一口オーナーの期待を背負って立つ存在になることでしょう。

引退が発表されたときから抱いていた「ファンディーナの初仔を一口で持ちたい!!」という私の夢も叶い、デビューまでの様子をクラブのホームページで確認する日々を楽しんでいます。
ファンディーナで見た夢の続きをエルチェリーナやこの後に続く産駒たちで見れる日を、心待ちにしています!!

あなたにおすすめの記事