[POG2021-2022]注目馬紹介~一口クラブ・東京サラブレッドクラブ編~

例年、高い勝ち上がり率を誇る通称「東サラ」こと東京サラブレッドクラブ。
今回はその「東サラ」所属の2021-2022年度POGにおける注目馬をピックアップしたいと思います。
いつもは馬主名義であるクラブ法人名を利用するのですが、このクラブの場合は愛馬会法人名である東京サラブレッドクラブが浸透しすぎているため、あえて「東サラ」と呼ばせて頂きます。

昨シーズンのPOGではレッドベルオーブがデイリー杯2歳Sを制し、朝日杯FSでは1番人気で3着。今年も「赤、白星散、袖白一本輪」の勝負服には要注目です!

レッドベルアーム

牡馬
父:ハーツクライ
母:レッドファンタジア
母父:Unbridled's Song
生産牧場:ノーザンファーム(安平町)
厩舎:藤原英昭(栗東)
募集額:5,600万円(一口140,000円)
母9歳時の産駒(5連産目)

やはり、現在の東サラはこの馬から取り上げなければならないでしょう。兄姉は全てディープインパクト産駒で、生涯成績もさる事ながらPOG期間の成績も、下記の通り非常に優秀です。

  • 2015年 レッドベルローズ(17戦3勝)新馬勝ち、フェアリーS3着
  • 2016年 レッドベルディエス(13戦4勝)クイーンC5着
  • 2017年 レッドベルジュール(3戦2勝)デイリー杯2歳S優勝
  • 2018年 レッドベルオーブ(4戦2勝)デイリー杯2歳S優勝、朝日杯FS3着

今年は父がハーツクライに変わりましたが、母父Unbridled's Songとの配合からは、GⅠ戦線で大活躍したスワーヴリチャードが誕生しています。

管理する藤原英昭厩舎は半兄ベルジュール、ベルオーブも預託されています。
他にもオープンクラスまで出世したレッドオルガ、エルフィンSを制しオークス4着のレッドサクヤなど活躍馬も多く、クラブとの相性も抜群でしょう。

ハーツクライ産駒ですとやはり成長の時期が気になる所ですが、2021年3月頭の段階で、すでにスピード感あふれる走りを調教で披露していますし、半兄姉達同様早めから始動できそうな点は心強い限りです。カタログで謳われていた「満を持して迎えた父と念願のGⅠ制覇を遂げる」という文言を実現する可能性を十二分に秘めた一頭です。

ルージュレイア

牝馬
父:ハーツクライ
母:ドリーフォンテイン
母父:Fastnet Rock
生産牧場:社台ファーム(千歳市)
厩舎:尾関知人(美浦)
募集額:2,600万円(一口65,000円)
母10歳時の産駒(3連産目)

今年から牝馬の冠が「ルージュ」に統一されました。そんな牝馬組で一番最初にご紹介したいのが本馬です。

母ドリーフォンテインは豪州にて現役生活を送り、レベルの高い短距離路線でSAJCロバートサングスターSなどGⅠ制覇を含む重賞4勝をあげた強豪馬です。その母に長距離馬ハーツクライの組み合わせですから、嚙み合った時の期待感は相当なものがあります。

管理する尾関知人厩舎といえば、やはり真っ先に名前があがるのはレッドファルクスです。こちらもクラブや外厩との連携はしっかりととれているだけに心配は無用でしょう。

先にも書きました通り、母は血統表にダンチヒ、デインヒル、ファストネットロックと並ぶ生粋のスピード血統馬。育成の段階から高い評価を受けているだけに、覚えておきたい存在です。

ルージュカルミア

牝馬
父:ディープインパクト
母:ディエンティ
母父:Storm Cat
生産牧場:ノーザンファーム(安平町)
厩舎:木村哲也(美浦)
募集額:5,200万円(一口130,000円)
母12歳時の産駒(流産明け)

父ディープインパクト×母父Storm Catは言わずもがなスーパーニックスの一つです。
過去には

  • キズナ(ダービー、凱旋門賞4着)
  • サトノアラジン(安田記念)
  • リアルスティール(ドバイターフ)
  • ラヴズオンリーユー(オークス)
  • ラキシス(エリザベス女王杯)
  • エイシンヒカリ(香港C、イスパーン賞)
  • アユサン(桜花賞)

などのGⅠ馬が誕生しています。また、この配合でノーザンファーム生産に限定すると12頭生産中11頭が勝ち上がり、うち8頭が獲得賞金1億円超えですから、その相性の良さには驚くばかりです。

母ディエンティは愛国で2勝。海外で繁殖生活を送った後に本国へ輸入され、本馬が2番仔になります。全兄レッドラトゥールは別の牧場で誕生し、同じく東サラで募集されましたが、現状は未勝利です。しかしながら、馬体の素晴らしさやハマった時の脚などは見どころがあり、引き続き中央で現役生活を送っています。

やはり、この馬の最大の魅力は「ノーザンファームが送るニックス配合」でしょう。育成の段階から全兄とは少し違いマイラー的な動きを披露し、スピード力に関しては高いものを感じます。桜の舞台へ駒を進めて欲しい一頭です。

レッドベスティア

牡馬
父:ダイワメジャー
母:フィルバート
母父:High ChaParral
生産牧場:谷川牧場(浦河町)
厩舎:昆貢(栗東)
募集額:3,000万円(一口75,000円)
母6歳時の産駒(2連産目)

次に2歳戦向きのスピードスター候補をご紹介します。

母父High ChaParral(ハイシャパラル)は愛国にて13戦10勝、GⅠを6勝した紛れもない名馬です。ただ、いかにも欧州向きで、父としては頭数が多くなかった事もあり日本での活躍馬は出ませんでした。しかし母父となり父ダイワメジャーと配合されると、一気に能力が開花。重賞戦線で活躍するシゲルピンクダイヤ、アマルフィコーストらが誕生しました。

トモの大きさや、雄大な馬体・育成の状況を見るに、早い段階からスピード力を活かせるタイプで、まさに昆貢厩舎はうってつけと言えるでしょう。レッドグランザ、レッドゼノン、レッドレビンなど多くの馬が、出走回数をしっかり確保されながらあ現役生活を送っています。2歳重賞からの活躍を期待したい1頭です。


まだまだ本来ならばご紹介したい期待馬が多くいるのですが、以上4頭に注目してご紹介させて頂きました。

この記事が皆様のPOG戦略のお役に立てれば幸いです。 

※記事内のクラブの名称は愛馬会法人名を使用しています。
※記事内の数字は2021年3月14日現在です。
※記事内の写真はクラブ募集時の写真となっています。
※本記事はクラブ様からのご厚意で使用させて頂いております。転載等はご遠慮下さい。

あなたにおすすめの記事
[POG2021-2022]注目馬紹介~一口クラブ・東京サラブレッドクラブ編~

例年、高い勝ち上がり率を誇る通称「東サラ」こと東京サラブレッドクラブ。
今回はその「東サラ」所属の2021-2022年度POGにおける注目馬をピックアップしたいと思います。
いつもは馬主名義であるクラブ法人名を利用するのですが、このクラブの場合は愛馬会法人名である東京サラブレッドクラブが浸透しすぎているため、あえて「東サラ」と呼ばせて頂きます。

昨シーズンのPOGではレッドベルオーブがデイリー杯2歳Sを制し、朝日杯FSでは1番人気で3着。今年も「赤、白星散、袖白一本輪」の勝負服には要注目です!

レッドベルアーム

牡馬
父:ハーツクライ
母:レッドファンタジア
母父:Unbridled's Song
生産牧場:ノーザンファーム(安平町)
厩舎:藤原英昭(栗東)
募集額:5,600万円(一口140,000円)
母9歳時の産駒(5連産目)

やはり、現在の東サラはこの馬から取り上げなければならないでしょう。兄姉は全てディープインパクト産駒で、生涯成績もさる事ながらPOG期間の成績も、下記の通り非常に優秀です。

  • 2015年 レッドベルローズ(17戦3勝)新馬勝ち、フェアリーS3着
  • 2016年 レッドベルディエス(13戦4勝)クイーンC5着
  • 2017年 レッドベルジュール(3戦2勝)デイリー杯2歳S優勝
  • 2018年 レッドベルオーブ(4戦2勝)デイリー杯2歳S優勝、朝日杯FS3着

今年は父がハーツクライに変わりましたが、母父Unbridled's Songとの配合からは、GⅠ戦線で大活躍したスワーヴリチャードが誕生しています。

管理する藤原英昭厩舎は半兄ベルジュール、ベルオーブも預託されています。
他にもオープンクラスまで出世したレッドオルガ、エルフィンSを制しオークス4着のレッドサクヤなど活躍馬も多く、クラブとの相性も抜群でしょう。

ハーツクライ産駒ですとやはり成長の時期が気になる所ですが、2021年3月頭の段階で、すでにスピード感あふれる走りを調教で披露していますし、半兄姉達同様早めから始動できそうな点は心強い限りです。カタログで謳われていた「満を持して迎えた父と念願のGⅠ制覇を遂げる」という文言を実現する可能性を十二分に秘めた一頭です。

ルージュレイア

牝馬
父:ハーツクライ
母:ドリーフォンテイン
母父:Fastnet Rock
生産牧場:社台ファーム(千歳市)
厩舎:尾関知人(美浦)
募集額:2,600万円(一口65,000円)
母10歳時の産駒(3連産目)

今年から牝馬の冠が「ルージュ」に統一されました。そんな牝馬組で一番最初にご紹介したいのが本馬です。

母ドリーフォンテインは豪州にて現役生活を送り、レベルの高い短距離路線でSAJCロバートサングスターSなどGⅠ制覇を含む重賞4勝をあげた強豪馬です。その母に長距離馬ハーツクライの組み合わせですから、嚙み合った時の期待感は相当なものがあります。

管理する尾関知人厩舎といえば、やはり真っ先に名前があがるのはレッドファルクスです。こちらもクラブや外厩との連携はしっかりととれているだけに心配は無用でしょう。

先にも書きました通り、母は血統表にダンチヒ、デインヒル、ファストネットロックと並ぶ生粋のスピード血統馬。育成の段階から高い評価を受けているだけに、覚えておきたい存在です。

ルージュカルミア

牝馬
父:ディープインパクト
母:ディエンティ
母父:Storm Cat
生産牧場:ノーザンファーム(安平町)
厩舎:木村哲也(美浦)
募集額:5,200万円(一口130,000円)
母12歳時の産駒(流産明け)

父ディープインパクト×母父Storm Catは言わずもがなスーパーニックスの一つです。
過去には

  • キズナ(ダービー、凱旋門賞4着)
  • サトノアラジン(安田記念)
  • リアルスティール(ドバイターフ)
  • ラヴズオンリーユー(オークス)
  • ラキシス(エリザベス女王杯)
  • エイシンヒカリ(香港C、イスパーン賞)
  • アユサン(桜花賞)

などのGⅠ馬が誕生しています。また、この配合でノーザンファーム生産に限定すると12頭生産中11頭が勝ち上がり、うち8頭が獲得賞金1億円超えですから、その相性の良さには驚くばかりです。

母ディエンティは愛国で2勝。海外で繁殖生活を送った後に本国へ輸入され、本馬が2番仔になります。全兄レッドラトゥールは別の牧場で誕生し、同じく東サラで募集されましたが、現状は未勝利です。しかしながら、馬体の素晴らしさやハマった時の脚などは見どころがあり、引き続き中央で現役生活を送っています。

やはり、この馬の最大の魅力は「ノーザンファームが送るニックス配合」でしょう。育成の段階から全兄とは少し違いマイラー的な動きを披露し、スピード力に関しては高いものを感じます。桜の舞台へ駒を進めて欲しい一頭です。

レッドベスティア

牡馬
父:ダイワメジャー
母:フィルバート
母父:High ChaParral
生産牧場:谷川牧場(浦河町)
厩舎:昆貢(栗東)
募集額:3,000万円(一口75,000円)
母6歳時の産駒(2連産目)

次に2歳戦向きのスピードスター候補をご紹介します。

母父High ChaParral(ハイシャパラル)は愛国にて13戦10勝、GⅠを6勝した紛れもない名馬です。ただ、いかにも欧州向きで、父としては頭数が多くなかった事もあり日本での活躍馬は出ませんでした。しかし母父となり父ダイワメジャーと配合されると、一気に能力が開花。重賞戦線で活躍するシゲルピンクダイヤ、アマルフィコーストらが誕生しました。

トモの大きさや、雄大な馬体・育成の状況を見るに、早い段階からスピード力を活かせるタイプで、まさに昆貢厩舎はうってつけと言えるでしょう。レッドグランザ、レッドゼノン、レッドレビンなど多くの馬が、出走回数をしっかり確保されながらあ現役生活を送っています。2歳重賞からの活躍を期待したい1頭です。


まだまだ本来ならばご紹介したい期待馬が多くいるのですが、以上4頭に注目してご紹介させて頂きました。

この記事が皆様のPOG戦略のお役に立てれば幸いです。 

※記事内のクラブの名称は愛馬会法人名を使用しています。
※記事内の数字は2021年3月14日現在です。
※記事内の写真はクラブ募集時の写真となっています。
※本記事はクラブ様からのご厚意で使用させて頂いております。転載等はご遠慮下さい。

あなたにおすすめの記事