「馬って何色?」と問われれば、たいていの人が「茶色」と答えるのではないでしょうか。

そう答えた人を、競馬場に連れて行ってみる……すると、誰もがこう口にするのです。

「馬っていろんな色がいるんだね!」

日本で、サラブレッドの毛色は鹿毛・黒鹿毛・青鹿毛・青毛・栗毛・栃栗毛・芦毛・白毛の8色が認められています。
この記事では8色の毛色の中で最も珍しい「白毛」の馬にスポットを当てていきたいと思います。

競馬場でサラブレッドを眺めていれば、おおまかに茶色(鹿毛・黒鹿毛)、黒(青鹿毛・青毛)、黄土色(栗毛・栃栗毛)、白色(芦毛・白毛)の4色に見えるのではないでしょうか。
パッと見た時に「白い馬も結構いるんじゃない?」と思う初心者の方も多いかと思います。

ところが、その白い馬のほとんどが芦毛なのです。

芦毛と白毛の違いとは?

芦毛

誕生時は黒や茶色をしており、芦毛だと分からないこともある。
年齢を重ねるごとに白さが増していくが白さにも個体差があり、まだらになったり、濃い灰色、薄い灰色になる場合も。地肌の色は黒っぽく、白化した個体でも目の周りや口の周りは白くならない。

芦毛馬が生まれるためには、両親のどちらかが芦毛である必要がある。

白毛

誕生時からほぼ全身が白い毛で覆われており、年齢を重ねるごとに斑が出てくる個体もいる。

地肌の色はピンク色なので、目の周りや口に周りはピンク色をしている。突然変異かつ優性遺伝する毛色のため、両親が白毛でなくても子供が白毛になる可能性がある。

中央競馬で活躍する白毛一族

夏競馬の終わりが近づき、一頭の馬がデビューを迎えようとしています。

白毛のシラユキヒメを母に持つ牡馬、その名はシロニイ。
彼の母シラユキヒメは、サンデーサイレンス(青鹿毛)とウェイブウインド(鹿毛)の間に生まれた突然変異の白毛馬です。産駒はこれまでに8頭がデビューして、そのうちの5頭が中央競馬で勝ち星を挙げています。
10番仔のシロニイはシラユキヒメとキングカメハメハの間に生まれた牡の白毛馬で、斑模様の体に青い目と、インパクトはG1級のルックスの持ち主です。
兄姉はダートのレースで好成績を収めていますが、まずは芝でのデビュー戦。

白い馬体がターフを駆け抜ける日が楽しみでなりません。ここからは筆者が実際に会ったことがある彼の兄姉を写真と共に紹介していきます。

ホワイトベッセル

previous arrow
next arrow
Slider

白毛一族の次男。
通算成績は17戦3勝。
中央競馬で白毛馬として初勝利をあげました。

色素が薄い不思議な色をした右目の持ち主です。現在は京都競馬場で誘導馬をしており、その美しい姿をみることができます。

ユキチャン

白毛一族の長女。
通算成績は17戦5勝。
関東オークスをはじめとした交流重賞3勝をあげ、白毛馬初の重賞ウイナーになりました。愛らしい名前とは裏腹に、約500キロのグラマラスボディを生かしたパワフルな走りは圧巻。現在は繁殖入りしています。
産駒には白毛の仔もおり、白毛一族の繁栄に貢献しています。

previous arrow
next arrow
Slider

シロベエ

白毛一族の三男。
競走馬としてデビューする事はかないませんでしたが、京都競馬場で誘導馬になっています。

小柄でおっとり系。くるくる変わる愛くるしい表情を見せてくれます。
ふれあいタイムに登場すれば撫でることもできます。

previous arrow
next arrow
Slider

マシュマロ

白毛一族の三女。
通算成績は12戦2勝。

白毛馬として初の新馬勝ちを収めました。
すらりとした体躯とアイラインを引いたような目元がアクセントになっています。現在は繁殖入りしています。

previous arrow
next arrow
Slider

ブラマンジェ

白毛一族の四女。
通算成績は3戦0勝。

500キロ超のむっちりボディで、ボーイッシュな顔立ちのお嬢さんです。
残念ながら勝利をあげることはできませんでしたが、現在は繁殖入りしています。

previous arrow
next arrow
Slider

マーブルケーキ

白毛一族の五女。
2016年8月現在の通算成績は16戦3勝。

シラユキヒメが産んだ初めての斑模様の白毛馬となります。
明るい栗色の鬣に白い尾。

首から尻にかけての大き目な斑模様、目の周りはアイシャドウを塗ったようにグラデーションになっています。

previous arrow
next arrow
Slider

ブチコ

白毛一族の六女。
2016年8月現在の通算成績は13戦4勝。

マーブルケーキよりも濃い茶色の斑模様をもつお転婆娘。
耳の部分のみ、鹿毛のような色をしているのも特徴です。個性的なメンコの柄にも注目したい一頭。

現在はゲートで潜ってしまう悪癖矯正をしつつ、戦列復帰に向けて調整中です。

previous arrow
next arrow
Slider

ここまでにシラユキヒメ産駒の白毛馬8頭を紹介してきましたが、ひとつ注目してみたい事があります。

それは、父にクロフネを持つ5頭はすべて真っ白なのに対して、父にキングカメハメハを持つ3頭はすべて斑模様、という点です。
こうも綺麗に分かれていると、もはや単なる偶然では片づけられないように思えてきますね。

実に不思議な遺伝の仕組みが隠されているのではないでしょうか?
白毛という毛色については未だ解明されていないことも多くあり、白毛の秘密がすべて明らかになるにはどれくらいの年月がかかるのか見当もつきません。いつか白毛の謎が解明されるとき、日本の白毛馬たちは活躍の場を世界に移しているかもしれません!
ますます、白毛馬たちから目が離せなくなりそうです。

写真:ラクト

あなたにおすすめの記事