「名勝負」を語るの記事一覧
『本当の出会い』を感じた、私の名馬。地方から返り咲いたファストフォースがG1馬となった、忘れられない高松宮記念
破天荒なオルフェーヴルのパフォーマンス炸裂!/2012年阪神大賞典
生まれながらにして期待を受けた良血馬ダンスインザムード。名手たちに導かれた重賞初制覇 - 2004年フラワーカップ
その後に待ち受けている衝撃の『第ゼロ章』。ブラックタイドのスプリングS
語り継ぎたい、2022年天皇賞秋。稀代の逃げ馬、パンサラッサの軌跡
無観客開催の中、ダノンザキッドに雪辱を果たしたタイトルホルダー/2021年・弥生賞
仁川の桜に"龍"が昇る。ショウリュウムーン・木村健騎手がアパパネを倒した日 - 2010年・チューリップ賞
父の想いをその背に宿して。"エリート"トゥザワールドと"野武士"ワンアンドオンリーの決闘 - 2014年・弥生賞
いつかその存在を越える。ドゥラメンテが勝った2016年中山記念
真冬の府中に突如光臨した"太陽神" - 2019年フェブラリーS 、インティ破竹の7連勝逃げ切り勝ち